辻が花のデザイン、手描き、絞りなどの全行程を産地内で一貫して行っています

翠山辻が花 トップページ

幻の辻が花染めに魅せられて集まった技人たちによって、多彩なボカシ染めに友禅・手絞りを駆使した「(株)翠山オリジナル 翠山辻が花」が誕生いたしました。
デザイン、手描き、絞りなどの全行程を産地内で一貫して行うのが当工房の特徴です。

幻の染め・辻が花とは

室町中期から江戸時代にかけて流行した絵模様染めです。
現在残されている遺品の中には、その時代の武将・上層階級(上杉謙信・豊臣秀吉・徳川家康や各夫人)の人々の小袖・胴服が保存され伝わっております。
武将達はファッションの先端をゆく斬新で目立つ辻が花を好んだそうです。また、当時は染物と言えば辻が花と言われるほど流行し、一般的な物でした。

辻が花は、発生時期、加工法、名称の由来などが深い謎に包まれております。そして辻が花は多彩な様相を呈しましたが、江戸時代に友禅技法が普及して行くと姿を消しました。
このことからも「幻の花・辻が花」と言われております。

新着情報

  • 新作

    ロールカーテン、のれんに使える新商品です! 写真の商品のサイズは180cm×180cmですが価格、サイズはご相談に応じます。ご興味のある方はお問い合わせ下さい。

  • GETしましたー!

    15日の朝、ちんころ市に行って干支の子のちんころ無事に買えました! 会社の玄関に飾りました。今年はいい年になりそ?!

  • 節季市

    ちんころ市(節季市)に行ってきました! 毎年1月10日、15日、20日、25日に諏訪町で開かれています。毎年、干支のちんころが大人気であっという間に売り切れてしまうそうです。午後から行ったので残念ながら今年の干支、子のち …

  • 謹賀新年

    こちら十日町は例年より雪が大変少ないです。 新しい社屋と社内風景です。 出来るだけ四季の出来事や些細な事でもブログにアップしたいと思います。 新社屋 売り場 和小物販売 手描き友禅体験室 白生地検反 検査 墨付け 手描き